ボウモア 18 年。 ボウモア12年/ベストバランス・アイラの魅力 [ウイスキー&バー] All About

ボウモア18年

年 ボウモア 18

香り:スモーキー・レモン・はちみつ 味:スモーキー・ダークチョコレートを想わせるあたたかみのあるコク フィニッシュ:長くて繊細 引用元: では実際に飲んでみた感想を書いてみます。

元・バーのマスターが語るウイスキー「ボウモア」とは?

年 ボウモア 18

1 Vaults(第一貯蔵庫/ヴォルトとは地下貯蔵庫)は海抜0メートルに位置している。

10

ボウモア18年のテイスティング・完熟の女王、その甘みの果てしない奥行き

年 ボウモア 18

んじゃ本題 ボウモア18年 スコットランド・アイラ島最古のボウモア蒸溜所で蒸溜されるシングルモルトウイスキー「ボウモア」。 ここでも特有の磯臭さが宿るとも言われています。 チェイサーの水を口に含んだ時に口の中で甘みとスモーキーさの香りが広がる感覚は病みつきになりますね。

3

ボウモア18年のテイスティング・完熟の女王、その甘みの果てしない奥行き

年 ボウモア 18

そんな特別な熟成庫で作られたボトルである「ボウモア ヴォルト」はしっかりとバニラ、ココナッツ、パッションフルーツや焦がした麦の香り。 そんな時代からすでにスコットランドの孤島・アイラ島ではボウモアが作られていたわけです。

ボウモア12年を飲んでみた感想

年 ボウモア 18

そして甘みも長く続きます。 またこ の熟成庫は世界最古の貯蔵庫とも言われておりボウモアの中でも特別貴重な原酒が眠っている熟成庫です。 スコッチ・ウイスキーのモルト蒸溜所の中で最も古い歴史があり、ピートの採掘から大麦のフロアモルティングにいたるまで、職人たちはかたくななまでに歴史的な製法を守り続けています。

12

ボウモアナンバーワンとは? 定番との違い・価格・評価など

年 ボウモア 18

同じアイラモルトでもラフロイグほどにはクセがなく、ブルックラディやブナハーブンよりも個性があります。

2

元・バーのマスターが語るウイスキー「ボウモア」とは?

年 ボウモア 18

1779年というと今から240年ちかく前! その頃日本は安永8年、江戸時代真っ只中で徳川家治が10代目将軍だった頃。 なかでも第一貯蔵庫はスコッチ最古の貯蔵庫で、しかも海にダイレクトに面しているだけでなく海抜0メートルという特殊な環境にある。 これらの共通点は、フルーティな甘さとスモーキーさの完璧な調和です。

ボウモアの味やおすすめの種類/おいしい飲み方/12年・15年・18年・25年・No1・ヴォルト

年 ボウモア 18

オロロソシェリーで3年間漬け込んだスパニッシュオークのシェリー樽で10年間熟成させた原酒のみを使用した限定ボトルです。

11

ボウモア18年ディープ&コンプレックスを飲んでみた感想

年 ボウモア 18

現在販売されている中でボウモアのレギュラーボトル。 デザートモルトとしても秀逸。 総評 ボウモア、美味いの一言。