アース カタストロフ。 [B! 自然] カムチャッカのシベルチ火山で近年の全世界の噴火の中で最大級の爆発的噴火が発生。1万2000メートルの高さに達する巨大なキノコ雲が立ち昇る

地球上の昆虫の減少が「カタストロフ的なレベル」であることが包括的な科学的調査により判明。科学者たちは「100年以内にすべての昆虫が絶滅しても不思議ではない」と発表

カタストロフ アース

オゾンは、危険な UV 紫外線から人や動物を保護する保護層であり、オゾンホールが発生しているその下では、その保護層がなくなることにより有害な太陽紫外線がより多く地上に透過するとされています。 そして、現状では、地球の磁場が回復する兆しはまったくないですので、昆虫を含む生物種の危機的状況は今後も続いていくものと考えられます。 ・ GFS グラフと照らし合わせますと、ヨーロッパからロシアの黒いエリアは、オゾン層のオゾンが、通常より極めて低いことがわかります。

9

人類史で最大だったインドネシア・トバ火山の巨大噴火の後、地球は長い寒冷期に「入ってはいなかった」。火山の冬という概念は地球には存在しない

カタストロフ アース

ひとつの暴風雨での被害がどんどん大きくなっている。 そして、絶滅せずに残っている昆虫のうちの 41%が減少していた。

12

[B! 自然] カムチャッカのシベルチ火山で近年の全世界の噴火の中で最大級の爆発的噴火が発生。1万2000メートルの高さに達する巨大なキノコ雲が立ち昇る

カタストロフ アース

今回の論文では、科学者の人々は、たとえば、「農薬」などとの関係を強く示唆ししています。 2程度のというのは非常にありふれていので、報を聞いた時にも、それほどのはないのではと思っていましたが、が経つにつれて、とてつもない大となっていることを知りました。

[B! Earthquake] イタリア中部地震の大惨事から見る「耐震概念のない場所」での中規模地震の意味

カタストロフ アース

今後の気温がどのようになるかの正確な予測はできないでしょうが、どのようになっても、それは、火山や人為的要因が差し挟むものではなく、自然の掟ということになりそうです。 下は、最もの大きかったでもあるの街の前と後のです。 それらの成り行きも世紀末の一端を担っていたのかも知れませんね。

神の予言 パート2 この世の終わりとは? 欲望の果てに行きつくところ? 2020年2月14日内モンゴルで、太陽が5つ現れ

カタストロフ アース

従来の学説では、トバ火山の噴火後、当時アフリカ大陸にいた現世人類の人口は、10万人から 1万人に急減したとされますが、2018年に、米アリゾナ大学の研究チームが、アフリカの湖底にあるトバ火山の噴火と同時代の植物の化石を調査したところ、 「トバ火山の噴火による影響はアフリカにはなかった」 ことがわかったことが、アメリカので報じられていたことがあります。 西暦 1900年から 2018年までの世界の自然災害の発生数の推移 ・ 2016年に、以下の記事で、西暦 1900年からの 120年間ほどの間の地球の自然災害による経済的損失が壮絶な増加を示していることをご紹介したことがあります。 しかし、当時、これだけ巨大な噴火が地球で起きたにも関わらず、先ほどの気温の推移のデータからは、 「地球で気温の変化は起きなかった」 可能性が高いのです。

5

地球上の昆虫の減少が「カタストロフ的なレベル」であることが包括的な科学的調査により判明。科学者たちは「100年以内にすべての昆虫が絶滅しても不思議ではない」と発表

カタストロフ アース

冒頭の図に多少説明を入れたものが下の図です。 実は、では「史上最悪規模で季節性がしている」のです。 あるいは、以下のような過去記事でご紹介しました、今後、アメリカで実施される可能性がある「太陽を暗くする」という試みなども、気温への介入はできないと思いますが、しかし、「予期せぬ弊害」だけはクローズアップされることになるのかなとも思います。

2

北欧からロシアにかけての上空に突如「オゾンホール」が出現

カタストロフ アース

これから回り込んでくる黒点は、これまでのものより強力なものである可能性があるのです。 ・Insragram Sponsored の(KVERT)によれば、が発生したのは 15日で、その後、の気象• 「あまりにも劇的なこの減少は、今後 100年のうちに昆虫が地球からいなくなってしまうことを示しています」 もっとも大きな減少率だったのが蝶(チョウ)と蛾(ガ)類で、ミツバチやフンコロガシも最悪レベルの減少率だった。 今シーズンすでに最大2万人が死亡しており、患者数は最大2100万人に - 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューはてなブックマーク - アメリカで「パンデミックじみた」インフルエンザの過去最悪級の流行が進行中。

13

アメリカや世界の自然災害の発生件数と経済的損失が黙示録的な増加を続けていることから予測される「2020年はさらなる覚悟の時代となる」こと

カタストロフ アース

そして、先ほど書かせていただきましたように、「昆虫がいなければ、ほとんどの植物は生きられない」のです。

13

地球上の昆虫の減少が「カタストロフ的なレベル」であることが包括的な科学的調査により判明。科学者たちは「100年以内にすべての昆虫が絶滅しても不思議ではない」と発表

カタストロフ アース

そして、論文を書いた生物学者たちは、 「このままだと、100年以内に、地球の昆虫がすべて絶滅してしまう」 とまで述べているのでした。 その後、アメリカ国立科学財団もニュースとして取り上げました。 予想外の激しい太陽活動の復活が起きています。

16