17 歳 の カルテ。 17歳のカルテの結末ネタバレとあらすじ|感想も

17歳のカルテのレビュー・感想・評価

歳 の カルテ 17

リサは精神病棟で自己中心的な振舞をし他の患者や時には看護婦にも支配的な態度を見せ、且つ脱走を繰り返したり、自由な振舞いで他人を翻弄する反社会的な側面がありました。 謎すぎて私のレベルではまだ共感出来ませんでした。

11

【あらすじネタバレあり】17歳のカルテの考察を10倍深くする神レビュー

歳 の カルテ 17

境界性人格障害と17歳のスザンナは診断されました。 それはまるで、私たちが困難にぶつかって人生の岐路に立ったとき、 他人の言葉は助けになっても、実際にコマを進めるのはあなたしかいないのよ といった演者からのメッセージのようですね。 しかしそこにはすでに、他を圧倒する色気や迫力で溢れていて、目や口、眉毛の微細な動きや声のトーンが「リサ」を完璧に表現していて、アカデミー助演女優賞を受賞したのも納得です。

5

【あらすじネタバレあり】17歳のカルテの考察を10倍深くする神レビュー

歳 の カルテ 17

また、恋人のドビーがスザンナのもとに訪れ外へ連れ出そうとしますが、彼女はそれを拒みます。 このシーンでスザンナが精神病棟に馴染んでおり、同じ入院患者に仲間意識が芽生えていることを明示しています。 そしてその振れ幅は人それぞれ。

【あらすじネタバレあり】17歳のカルテの考察を10倍深くする神レビュー

歳 の カルテ 17

[ 要出典] ウィノナ・ライダー、を始め、やなどの若手演技派女優の競演も見所の一つである。 しかし、その自我の揺れを上手くコントロールすることで生きていくことができるのです。

3

【あらすじネタバレあり】17歳のカルテの考察を10倍深くする神レビュー

歳 の カルテ 17

はじめて芽生えたリサの行動への疑問。 その後スザンナは回復し退院の時を迎え、病棟のベットで寝ているリサに話しかけ別れを惜しみます。

1

【17歳のカルテ】「境界」と「快復」の真の意味を徹底解説!女優陣の演技をよりリアルにした要因は?喧嘩シーンの意味にも迫る

歳 の カルテ 17

翌日、自由奔放なリサは率直に「どうして自殺を図ったのか」尋ねてきました。

13

私が精神科ナースを目指したきっかけは「17歳のカルテ」 小説と映画を比べてみる

歳 の カルテ 17

リサが戻ってきました。 [ ] ウィノナ・ライダー、を始め、やなどの若手演技派女優の競演も見所の一つである。 死因は心不全とされる。

19

映画『17歳のカルテ』 感想

歳 の カルテ 17

精神病棟に入院した少女の話。 「境界性人格障害」とは、若い女性に多いと言われる「自己像や情緒不安定、自傷行為(リストカットなど)、希死念慮」を主症状とする疾患です。 入院の原因となった大量服薬は、抑うつによる衝動的な行為だと考えられます。

19

【17歳のカルテ】「境界」と「快復」の真の意味を徹底解説!女優陣の演技をよりリアルにした要因は?喧嘩シーンの意味にも迫る

歳 の カルテ 17

まず物語は主人公が自殺未遂をするところから始まりますし、自傷行為や自殺も出てきますので悪い影響を受けそうな気もします。 映画の原作になったのは、スザンナ・ケイセンによるノンフィクション小説です。 何もできなかったと泣くスザンナに、「ノートに吐き出してみなさい、リサはもう8年ここにいるの、あなたは安住してはダメ」と優しい言葉をかけてくれました。